行政法は「サクハシ」

資格試験

tomiです。

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

行政書士試験の教材を選ぶ時に予備校や市販の行政書士試験用テキストを使う派といわゆる基本書とよばれる書籍(専門書)を使う派、行政書士用テキストを使いつつ参考書として専門書を使う派とか色々です。

受験経験の長い 😓 tomiはWebとかで情報を仕入れては取り敢えず手を出し、挙げ句の果て消化不良をおこして失敗するパターンですが、やはり気になるものは気になります。

 

ちなみに行政法の基本書でよく聞かれるのは「サシハシ」こと、学習院大学教授 櫻井敬子先生と慶応義塾大学教授 橋本博之教授の「行政法」です。

興味はありますが400ページ超は自信を持って消化不良をおこします。

消化不良をおこすのが分かっていながら購入(3,564円)するのも勿体無いし・・・。

でもゆっくり自宅で眺めてみたい。

ということで図書館に借りに行きました。

事前に確認すると自宅近くの大和郡山市立図書館には無いのでリクエストカードを書いて司書さんに渡しました。

このリクエストカードを書くと希望する本が蔵書として無い場合に、購入してくれるか他の図書館から借りて貰えます。

2週間ほどで連絡があり無事に借りることができました。

なぜこのようなケースに入っているかというと、

大阪の豊中市立図書館から来たからです。

せいぜい他の図書館から借りてくるといっても、奈良県内の図書館だと思ってましたが県を超えて借りれるみたいです。

ちょうどお盆休みもあるので眺めてみたいと思います。

 

以上、今日はここまでです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク
資格試験
tomiのブログ