消費生活アドバイザー試験が大改訂です

資格試験

tomiです。

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

日本産業協会より、2021年度の試験について公表されましたが、試験内容が大きく変わります。

 

変更点

一次試験をCBT方式で実施

今までのマークシート方式から、CBT方式になります。

CBTとは「Computer Based Testing」の略称で、コンピュータを使った試験方式のことです。

日商簿記検定など多くの試験がこのCBT方式で実施しているようですが、正直、どのような感じ

なのかイメージが湧きません。

 

全都道府県で受験可能

今までは9都市だけでしたが、CBT方式になることにより、全都道府県のCBT試験会場(テストセンターというらしいです)で受験可能です。

奈良県には、大和八木駅前テストセンター、近鉄奈良駅前テストセンター、OAルームビギン

桜井テストセンターの3ヵ所があり、自由に選択可能です。

 

試験時間の短縮

試験時間が210分から120分に短縮されます。

短縮されることに伴い、出題科目が17科目から15科目、出題数が55問から30問になり

ます。

 

出題科目が2科目だけ減ったのに対し、出題数が25問減るということは、今まで以上にまんべ

んなく勉強する必要がありそうです。

 

試験日の増加

試験日は下記から選択します。

10月 3日(日)13:00〜15:00

10月 9日(土)13:00〜15:00

10月16日(土)10:00〜12:00

10月16日(土)13:00〜15:00

 

受験料

全都道府県で受験可能になったからでしょうか。

今までは13,200円(1次試験免除9,900円)が16,500円(1次試験免除1,3200円)になりました。

う〜ん、高い (泣)

1回で合格しないとです。

 

2次試験
これまで2題出題されていた論文が1題に減ります。
それに伴い試験時間も減るそうです。(120分から60分)

 

感想
簡単になったのか?、難しくなったのか?
正直よくわかりません。
合格基準どうなるのか。
協会からのアナウンスを要チェックです。

以上、今日はここまでです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク
資格試験
tomiのブログ