母親を超えてしまいました

雑記

tomiです。

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

母親を超えてしまいました。

 

正確には母親の年齢を超えてしまいました。

 

そっか2月やったかな。って感じです。

 

亡くなったときに周りからは「まだ若いのにね〜」と言われてましたが、tomiにとっては母親であり大人であり「若いか?」と思ってましたが、自分が同じ年齢になると「若かったな」と思います。

 

厚生労働省の資料によると2019年の女性の平均寿命は87.45歳(男性 81.41歳)です。

 

平均寿命から30年以上はやく逝ってしまったのですが、まだ生きていたらどうだろうと思います。

確実に「孫も見せないで」

これは言われます。(亡くなる時にはすでに男女3人の孫はいましたが・・・。)

他の兄弟には子供がいますが我が家にはいません。

 

ほかにもいろいろ想像するのですが、あまりいい感じではないような気がします。

もともと高校をでて一人暮らしを始めてからは年に何回か帰省するくらいだったし、ケンカも多かったのでそんなに劇的に好転したとも考えられません。

 

ただ本当に生きていればめちゃくちゃ仲が悪くなっていたとしても、想像ではそこまで悪くなるとは思えないのもあります。

 

 

 

今までこんな事を考えたことはないのですが歳をとったからでしょうか。

 

 

以上、今日はここまでです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



スポンサーリンク
雑記
tomiをフォローする
tomiのブログ
タイトルとURLをコピーしました