2019-04

行政書士試験

行政書士試験 平成27年 問題31

問題31 代物弁済(担保目的の代物弁済契約によるものは除く)に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当でないものはどれか。

行政書士試験

行政書士試験 平成27年 問題30

問題30 留置権に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当でないものはどれか。
行政書士試験

行政書士試験 平成27年 問題29

問題29 甲土地を所有するAとその隣地の乙土地を所有するBとの間の相隣関係に関する記述のうち、民法の規定に照らし、正しいものはどれか。なお、次の各場合において、別段の慣習は存在しないものとする。
行政書士試験

行政書士試験 平成27年 問題28

今日は問題28(民法)です。

問題28 心裡留保および虚偽表示に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。

仕事

久しぶりの出張です。

年に何回か出張で営業所に行きます。 今回は営業所の都合で、広島の営業所に行った翌日に神奈川の営業所に行くことになりました。
行政書士試験

行政書士試験 平成27年 問題27

今日から27年度です。 まずは27問(民法)から
ペット

ねぇこさんが大変です。

偏食がすごかった我が家のねぇこさん。 とうとう病院のお世話になってしまいました。